お知らせ

まちづくりプロジェクト
長万部町、さらには北海道や日本の将来を担う世代である生徒たちに、
「町」の今後を本気で考えてもらうプロジェクトが発足しました。
主人公は生徒、舞台は長万部町です。

テーマ: SDGsの視点でまちをつくる
成果発表:小中高合同発表会(2019年11月19日)


ポイント!①
 SDGsに精通している講師を呼び、生徒・教員がともに学びます。SDGsについての理解を深めます。

ポイント!②
 SDGsとまちづくりをつなげることによって、より汎用的な資質・能力を身に付けられます。
また、教科とのつながりを意識することで、各教科を学ぶ意義を実感できるタイミングとなります。
さらに、この総合的な探究の時間を通して課題意識を持つようになると、各教科・科目を学ぶ意欲が高まります。

ポイント!③
 まちづくりを専門に研究する大学の先生や、町内で活躍している企業の社長、
町内で新たなことを始めた先駆者等を学校に招き、直接お話を聴きます。
人との出会いを通して、多様な価値観や生き方に触れることができます。

ポイント!④
 本プロジェクトでは、約4~5名で構成されるゼミ単位で全ての活動を行います。
2年間に及ぶ活動時間の中で、ゼミ仲間と協力し、話し合い、課題とその解決策を模索します。
さらに、各ゼミに担当教員を1名配置します。生徒4~5人に対し教員1人、小規模校ならではのプロジェクトです。

ポイント!⑤
 せっかく研究したのなら、発表する場が欲しいですよね。
本プロジェクトでは、最終発表の場として、小中高合同の発表会を用意します。
内容の詳細を知らない人に、自分の話したいことを伝える。
これこそが、発表活動の神髄です。自然と気合が入ります!






共に地方創生の諸問題を考えてくださる大学、
企業等を探しております。
ホームページ左部の連絡先へ、
ご連絡をお待ちしております!